太陽光発電を導入するなら今!?

近い将来消費税アップも控えている今、「高い買い物は今のうちに!」と考える方も多いのではないでしょうか。
消費税が上がる前に買っておいたほうがいいものは、いろいろとありそうですが、太陽光発電システムもそういったもののひとつといえるでしょう。
太陽光発電システムを一般家庭に導入するためには、およそ200万円前後の初期投資が必要であると言われています。
アップする税額についても馬鹿になりませんね。
さらに太陽光発電システムについて言えば、国や地方自治体からの補助金をもらえる可能性があるということ。
そして、「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」が制定され、一定期間・一定価格での余剰電力の買い取りを義務付けられていることなども、太陽光発電導入を後押ししているといえるでしょう。
太陽光発電システムについて言えば、消費税アップだけでなく、さまざまな事情が「迷っているなら今!」という状況になっています。
地方自治体などからもらえる補助金は「先着順」としている場合も多く、予算消化次第終了と言われている場合もあります。
また、いくつかの地方自治体は「太陽光発電については、国からの補助金があるため、県からの補助金は必要ない」という理由で、打ち切る方向へと話を進めているところもあります。
地方自治体の財政難もよく知られているところですし、補助金は「いつまでも続くもの」という考え方はしないほうが良いでしょう。
太陽光発電システムは、さまざまな点でメリットも大きく、国としても国民に積極的に取り入れていってほしい技術なのだと考えられます。
しかし、その初期費用がネックとなり、今まであまり普及してきませんでしたが、近年の「システムの価格が購入しやすくなってきていること」や「各種補助金」のおかげで、かなり普及してきています。
ある程度普及が進んだところで、補助金の役割は果たした、と考えられても不思議ではありません。
太陽光発電システムをいつかは導入したい・・。
でも、その時って、今なのかな?
と悩んでいる場合には、早めに行動開始するのもおすすめです。