岐阜市で設置する

太陽光発電システムは、一般的な住宅に設置する場合は屋根に主なパーツであるソーラーパネルを設置します。null
そのため今までよりも屋根が重くなり、家屋自体の重心が高くなるので地震の時には家屋の揺れが大きくなったり、屋根に設置した太陽光発電システムの重さに耐え切れずに家屋が倒壊する可能性を心配される方もおられる事でしょう。
日本の太陽発電システムを生産しているメーカー各社は地震対策にかなり力を注いでいます。
従来の瓦屋根に置き換えることができる、ソーラーパネルと一体化した非常に重量の軽い屋根材を開発し、市販化することにより従来の瓦屋根と比較して屋根自体の重量を60パーセント以上軽量化することに成功しています。
ソーラーパネルと一体化した屋根材を設置するには今まで使用していた瓦屋根をはがす必要がありますが、岐阜県岐阜市内で太陽光発電システムを設置施工する業者はこの工法によく通じているので、業者とよく相談の上使用するメーカーやソーラーパネルを選択できるでしょう。