岐阜県は太陽光発電に適しています

太陽光発電システムを自宅に設置することにより,光熱費が大幅に削減できるという金銭面でのメリットに合わせて地球環境の保護育成に携わる事ができ、社会インフラにも貢献できるという公共面での貢献度が高くなるという優れたメリットがあるでしょう。
家庭用太陽光発電システムはシステム自体の価格が過去10年間で大きく下落しており、設備投資した費用を回収する期間が大幅に短縮され、設置環境によっては6年前後で、一般的な環境でも10年未満で設備投資費用の回収を期待できるでしょう。
家庭用太陽光発電システムの価格が大きく下落した理由は、太陽光発電システムの普及が急速に進み大量生産されることにより製造コストが大幅に下がったからです。
岐阜県内でもかなりの住宅にすでに家庭用太陽光発電システムが設置されており、平均日照率が比較的高く太陽光発電に適している岐阜県では今後も家庭用太陽光発電システムの普及が進むでしょう。
原子力発電所の多くが運転停止状態にある状況下で、日本国内で使用される電力の火力発電が占める割合が上昇していますから、今後の電気料金は上昇すると予想されます。
電気料金が今後上昇すると、家庭用太陽光発電システムを設置した家庭は自家発電の恩恵をより多く受けるようになるでしょう。
太陽光発電システムがある家庭とない家庭が支払う電気料金の差額が広がりますし、家庭内で使い切れなかった電気を販売する事により得られる収入も大きなメリットとなります。