最も安全な太陽光発電

福島第一原子力発電所の事故によって安全な電力需給の必要性を思い知らされることになりました。
そのため、原子力発電から再生可能エネルギーへと転換させようと動いています。
その動きの一つが太陽光発電です。
いろんな再生可能エネルギーがあるなかで一番安全なのが太陽光発電と言われています。
風力発電では低周波の音が出て周囲の人々に健康上の影響を与えるのです。
水力発電では自然を破壊しさらに鉄砲水の原因となることもあります。
地熱発電では制御するのが難しいです。
このように再生可能エネルギーといっても、全てが危険性がゼロと言うわけではないのです。
でも、太陽光発電だけは違うのです。null
太陽光発電が登場して数十年となりますが、発電による事故があった話を聞いたことがありません。
それだけ安全性が高いことがわかります。
そのため、一般的な家庭を見てもわかるように個人で扱うことができるのです。
そもそも太陽光発電というのは、特定の半導体に太陽光が当たると電位差が生まれそれを利用して発電するのです。
他の発電所というのは、原子力発電所から水力・風力・地熱発電にいたるまでタービンを回すことで発電を起こします。
つまり、発電の方法が全く違うため、安全性も他のものと違っているのです。
その太陽光発電をさらに普及していくことで、最も安全な電力エネルギーを手に入れることができます。
そうすることで安全な世界を構築することができると想っています。