考慮しておきたいこと

太陽光発電は、その名前のとおり、太陽エネルギーを利用して電気を作り出すシステムになります。
太陽のエネルギーは、天気の良い日が一番効率よく集められます。
「太陽のエネルギーをどれだけ集められるのか」は、日本国内、エリアによっても異なっています。
太陽光発電に有利とされているのは、太平洋側の地域とされています。
日本海側に比べると、日照時間が長い傾向にあるからです。
しかし、多くのメーカーで採用されている多結晶シリコン太陽電池の場合は、高温に弱いという性質を持っています。
高温になると、太陽から得たエネルギーを電力に変換する際の効率が落ちてしまうのです。
日射量は確保したいけれど、高温になりすぎてもダメ、ということです。
もし、こうした気象条件を考えて「太陽光発電に向いているエリアだ」ということになれば、積極的に検討してみても良いのではないでしょうか。
また、一年を通して「曇り」の日が多く、十分な日射量を確保できないかもしれない・・という場合には、曇りでも発電しやすいという特性を持つメーカーの製品を選ぶ必要があるでしょう。
また、高温の問題を持つ地域では、変換効率に影響を与えてにくい、「HIT太陽電池」を利用するのが良いといわれています。
好きなメーカーや好感を持てるメーカーというのは、だれでも一つ二つは持っているものなのではないでしょうか。
特に高額なシステムを導入する場合には、「馴染みのあるメーカーを選びたい」という心理も働きそうです。
が、こうした地域の気象条件を無視することはできません。
それぞれお住まいの気象条件に関しても説明し、その上でおすすめのメーカーを提示してくれるようなお店は信用できそうです。
また、エリアでの気象条件について確認したら、自分の家の周囲の環境についてもチェックしておきましょう。
いくら「エリアの気象条件が太陽光発電向き」とされていても、目の前に大きなビルがあるような場合には、十分な日射量を確保するのが難しいケースもあります。