太陽光発電は節電対策におすすめ

ここ数年ずっと夏になると節電が報道され、会社でもエアコンの温度が上がったり、家庭内でも電気の使い方を見直したりする機会がとても増えてきました。
個人個人がそれぞれ限りある電気を見直すよい機会ではありますが、どうせなら個人個人が電気を作り、それが本当に必要としている人に供給できればもっといいと私は考えます。
ですので、我が家では太陽光発電を屋根にとりつけています。
もちろん、生み出された電力は家の中で使うようにしていますが、たいていは使い切れないのが現状です。
蓄電器がついている家庭もあるようですが、まだ大型で場所も取り、価格も高いことからそれほど普及していないようです。
我が家も蓄電器はもう少し時間を見て、質と価格の安定が来てから買おうと思っております。
それまでは残った電力を電気会社に売り、それが誰かの役に立っているのかなと思うと、太陽光発電を設置して良かったと思いますし、また我が家でも設置したことにより、目に見えて電力の節約や使い方を見直すことができるようになりました。
今までは電力会社からもらう請求書で前月の使用分をチェックしていたくらいでしたが、太陽光発電のおかげでリアルタイムでどのくらいの電気を使い、発電し、売電しているかがわかるようになったので、無駄を省くことができるようになりました。
また売電分が翌月に収入として返ってくるのはとても嬉しいですし、我が家で生み出された電力がどこかで使われていることの嬉しさと合わさって、設置して良かったと心から思っています。
これからの節電対策にも一役かってくれますよ。