太陽光が気になりますが!

太陽光発電は屋根にパネルを取り付け太陽の熱を電気に変えることです。
家の中の電気をまかなえたり電気を売ることができます。
しかし太陽光は誰でもどこでもつければいいというものではありません。
というのは、太陽の光がたくさん当たる屋根でなければ、熱を電気に替える割合が減ってしまいます。
屋根に取り付けるパネルはとても高価なものですのでその分を投資と考えると電気を売ってその投資分をまかなうという考え方になります。
ですから、たくさんの電力を作ることができなくては売ることがかないません。
日当たりや屋根の向きが重要になってきます。
取り付けようと決める前にどれくらい発電するかをしっかり見極めて、パネル代や工事費の見積もりをしっかりと比べてみてどれくらいで償却できるのかを知ってから取り付けるか決めましょう。
あまり発電しないのに取り付けてしまうと、失敗だったなぁという結果になってしまいますので見積もりを出してもらうときに電力発電のシミュレーションも出してもらいましょう。